エンジニア 柄沢 伸吾

柄沢 伸吾

柄沢 伸吾 お手持ちのカートリッジ、そしてレコードをさらに輝かせます。

アナログオーディオの楽しみの一つは、周辺パーツの選択で自由にお好みのサウンドが得られることと思います。
KS-Remastaのシェルリード線はレコードを聴くことにおける満足度を大きくグレードアップできる重要なパーツであることは間違えありません。

ハイエンドモデルでは従来とはさらなる技術の投入でこれまでとは異なる、レコードの魅力を引き出すはずです。お手持ちのレコード全て、改めて聴き直したくなるような、何度も聞いたレコードなのに新たな発見をする。そんなサウンドを持っています。
お手持ちのカートリッジ、そしてレコードをさらに輝かせてお楽しみください。


柄沢伸吾が選んだ珠玉の5本

KS-Stage401EVO.Ⅰ-VK

30万円前後の高性能カートリッジにお薦めです

50,000円

KS-VWS-Tempest.Ⅰ/SR-NVK

Tempestの可能性を究極まで追求したモデル。

80,000円

KS-Stage901EVO.Ⅰ-VK

Stageシリーズの最高峰に位置するモデルです。

200,000円

KS-VWS-Legend/SR-NVK

VWSシリーズの最高峰に位置するモデルです

300,000円

KS-VWS-Legend/SR-NVK×8+1

あらゆるリード線の頂点に立つリード線です

600,000円